TOEICは保有していると転職に有利?

TOEICは保有していると転職に有利?

薬剤師になるための薬学科の大学は現在6年制になっており、4年制のときに比べて勉強量も格段に増えていると言います。また医療関係の用語は英語表記のものが多く、英語の習得は必須とまで言われています。現に全文英語の論文や文献、研究発表を読む機会も多く、英語は出来ないより出来たほうが有利といえますし、薬剤師を目指すのであれば出来て当たり前になってきているようです。

薬剤師として就職、転職する際に英語が出来る証としてTOEICを保有していると職種によっては有利になることがあります。ドラッグストアーの店頭で薬の販売員として働く場合は、あまりTOEICは必要ないかもしれませんが、製薬会社などで新薬の研究に携わるような仕事の場合はやはり英語が出来るほうが有利でしょう。TOEICは600点以上ならば、価値が高く履歴書にもスコアが記載できます。

他の人よりも有利に差をつけたいという気持ちがあるのならば、TOEICも取得しておきましょう。とくに英語力を必要とする製薬会社では、これからの新入社員にはTOEIC730点を義務化するといった所も出てきています。薬剤師として勉強中の人は、薬学以外に英語の勉強も併用して行わなければなりません。

現在日本にある製薬会社の1/3は外資系であり、英語力を必要とする企業が多いということです。とくにジェネリック医薬品も普及してきているため、これからますます製薬会社では英語力が必要になることは間違いないでしょう。TOEICは民間資格ですが就職や転職の際に有利になるのは確かでしょう。

また、TOEICは薬剤師以外にも保有していることで有利になることがあると思いますので、取得していて損はないと思います。また自身のスキルアップにも繋がってきます。ただ、薬剤師でも製薬会社勤務を希望する場合以外の転職や就職においてのTOEICの必要性は不明です。自分が進みたい道を考慮した上で学ぶべき科目を取得することが大切だと言えます。

薬剤師はこれからの時代、どんどん増えて飽和状態になるのではないかとも言われています。そうなると薬剤師として就職することが困難になってきます。そのためにも少しでも有利なるTOEICの取得は無駄にはならないと思います。まずは自分がどういった道に進みたいのかを明確にし、目標をもって計画を立てていきましょう。

TOEIC保有者の薬剤師転職は、以下のサービスの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.