履歴書の書き方

履歴書の書き方

転職活動における履歴書の重要性は皆さんも痛感するところでしょう。これは薬剤師や登録販売者の方にとっても同じです。ここでは転職に成功しやすい履歴書作りについてお話しましょう。

まず、氏名、住所、生年月日を書きます。この時に忘れがちなのが氏名の欄に捺印がされているかというところです。また、かすれていたり、欠けていたりしないかという点です。焦っていると捺印を見落としていたり、朱肉が乾く前に擦ったりしてしまうので気を付けましょう。

次に、学歴や職歴など経歴を記載する欄です。ここでのポイントは学校名や企業名など、文字数が違っていても出来るだけ各行の長さを統一することです。これについては意見が分かれるようですが、正確さや細やかさが問われる薬剤師の転職活動においては効果的でしょう。

また、当然のことですが嘘をつかないことです。例えば「前職を短期間で辞めてしまったので評価の際に不利にならないよう経歴を誤魔化したい」という風に考える方も居るでしょう。しかし、履歴書の時点で相手が気付かなかったとしても入社時の保険申請で発覚する事も多々あります。最悪、合格取り消しということも考えられますので履歴書には正直に記載しましょう。

資格や免許の欄についてです。これも経歴欄と同様、出来るだけ各行の長さを統一した方が良いでしょう。

こちらを読んでいる方は薬剤師や登録販売者の免許を持っている方がほとんどでしょうし、転職先ではその免許が条件となっている事も多いでしょうから書き忘れることは無いと思います。ただし、この時に気をつけて欲しいことは省略せずに正しい免許の名称を書く事、取得年月を正しく記載することの2点です。疲れていたり焦っているとついつい見落としてしまうポイントです。

志望動機については皆さんがもっとも頭を悩ませるところでしょう。企業が人を取る時、合否を決めるポイントとして一番見ているのが志望動機です。よく「何故この企業を選んだのか」を上手くかけるかが大切だと言われますが、転職活動では「前職で何を学んだか」という部分も大きなウェイトを占めます。

新卒での就職活動でも、もちろん何を学んだかは重要です。特に皆さんは薬剤師の許を取得する為に勉強をしてこられた訳ですから、得意分野や興味のある分野はそれぞれ持っていると思います。しかし、企業は一度就職している方に対して「どういう業界で誰を相手に何を中心にやってきたのか」という事を見るようになります。そして、その経験から何が出来るかを知りたいのです。

履歴書を見れば大体のことが分かると言われますが、性格や経験は文章や体裁作りの中で表れてきます。以上のポイントを踏まえ、良い転職活動を行いましょう!

履歴書でお悩みなら、以下の無料サービスを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.