志望動機を考える

志望動機を考える

面接や履歴書において、恐らく皆さんが最も頭を悩ませるポイントが志望動機でしょう。大学時代のキャリアコンサルティング等で散々言われた方も多いでしょうし、数々の書籍やウェブサイトで「落ちる履歴書」「落ちる面接」として志望動機を理由に取り上げています。

では、何故ここまで志望動機について重要視されているか、皆さんは考えた事がありますか?時々「入社したい企業への理解や情熱がどれだけあるか」と考えている人がいらっしゃいますが、これでは正解とは言えません。あまりに企業への理解という意識が強いと、新卒の就職活動であればともかく、転職活動の志望動機としては少しポイントがズレてしまいます。

転職活動における志望動機としては、もう少し自分の経験や知識に着目してみると良いでしょう。よく言われる「自己分析」を掘り下げるという事です。

近年、これまで売り手市場だった薬剤師の求人が買い手市場に変化しています。薬剤師免許の取得者が速いペースで増え続けている為、以前よりも求人倍率が高くなっているのです。

つまり、これがどういう事を表しているかというと「即戦力として使える」薬剤師が求められているのです。

例えば、実務経験があって調剤が出来る人と免許しか持っていない人であれば、他の条件が同じであれば前者が圧倒的に有利なのは皆さんもお分かりでしょう。ただし、今までは薬剤師免許の取得者であれば年齢が多少高くて経験が無い、あるいは少ない人でも比較的容易に転職出来る部分はありました。

しかし、中途採用には即戦力を期待されがちなものですが、ここ最近の薬剤師過剰傾向を見ると経験や能力がよりシビアに求められているようです。就職活動において「学歴や資格、免許を持っていれば安泰という時代は終わった」と言われる事がありますが難関である薬剤師においてもその影響は出てきているのです。

つまり、これからは薬剤師免許を売るのではなく、人間自身を売る事が大切になります。志望動機は企業への好意や情熱を表すものではなく、自分を宣伝するものなのです。自分のPRポイントが企業や病院のニーズを満たせるものであれば、初めてあなたを採用してみようと思える志望動機となるのです。「こういう企業で働いてみたい」という一方的な志望動機ではなかなか転職活動は上手くいかないでしょう。

今まで、企業や病院の研究ばかりに時間をかけていませんでしたか?角度を変えてみれば意外とすんなり転職活動に成功するかもしれません。転職支援サイトでは、あなたの経験から上手にキャリアコンサルティングを行ってくれるので、自己分析に悩む方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

志望動機でお悩みなら、以下の無料サービスを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.