夜勤で働く

夜勤で働く

近年、ドラッグストアの中でも深夜まで営業する店舗が増えていますよね。中には24時間営業のところも登場し、ドラッグストアがどんどんコンビニ化していると言えます。

一方、規制緩和や登録販売者制度の開始により一部のコンビニでも医薬品の取扱いを検討していますし、生活する医薬品を購入する機会が増えています。こうした市場の変化を受けて夜勤で働ける薬剤師や登録販売者が求められています。

また、救急病院の夜勤というものもあります。ある程度規模の大きい病院に限られますが、夜間に交代で薬剤師を配置しているところもあります。

では、夜勤のメリットとデメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

まず、夜勤の場合、日勤に比べて給与が2割程度高い事が挙げられます。具体的に言うと、労働基準法により深夜労働には「人間本来の活動時間外の労働に対する補償」として賃金を25%割増する事が定められています。元々、薬剤師は給与の高い職種ですが、アルバイトの時給に換算すると2000〜3000円程度が相場でしょう。

他にも、人によっては「職場の人間関係が苦手だ」「お客さんや患者さんとコミュニケーションを取るのが苦手だ」という理由から夜勤を希望する方も居ます。近年、大人の人見知りが増えていると言われていますが、薬剤師の免許を活かせる業界には、採用が難しいと言われる研究職を除くと、営業や接客の要素を含んだものが多いです。免許を活かしつつ、出来るだけ対人コミュニケーション能力をなるべく問われない環境で働きたいという方には向いているかもしれません。

また、特殊な例としてミュージシャン志望の方がアルバイトで夜勤を希望しているケースもありました。内容を聞くと、全国で活動する為に短期集中的に夜勤で働いて稼いで、しばらく休暇をもらってライブをする、というものでした。元々、夜型の生活スタイルに慣れていたというのも理由でしょうが、自分の趣味を追求する為、というケースで夜勤を選ぶ方もいるようです。

一方、夜勤のデメリットとして考えられるのは、深夜労働が身体にかかる負担です。それが例えデスクワークや軽作業でも体力的には大変でしょう。睡眠も夜間のそれと比べて、どうしても質が落ちてしまう事は皆さんもよくご存じかと思います。

しかし、年収や自分の体力、適性を考えて、夜勤で働くことに魅力を感じているのであれば働いてみるのも良いのではないかと思います。薬剤師を専門に扱う転職サイトには夜勤の募集も多数ありますので、利用する価値はあると思います。

夜勤の求人なら、以下のサービスの利用が効率的です!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.