転職回数が多いと不利になるの?

転職回数が多いと不利になるの?

人生のうち一つの仕事を定年までやり続けるという人はあまりいないでしょう。殆どの人の場合が最低でも1、2回は転職を経験しているのではないでしょうか。仕事を辞めるきっかけは対人関係からのストレスや仕事内容への不満、給与などの雇用条件への不満、勤務時間などの不満など様々な理由があると思いますが、転職の際に気になるのが転職回数ではないでしょうか。

転職回数が就職の際に不利になるのかどうか、これは薬剤師という職業に限ったことではなく、どの職業であっても転職回数は気になる所です。ただ、案外自分で思っているほど、求人側企業は転職回数を気にしていない場合もあります。企業側がも求める条件はスキル面です。求めるスキルを持つなどある程度条件を満たしていれば、企業にとって有力な人材と評価されることもあります。

問題は転職回数というより、なぜその会社を辞めたのかという理由がポイントです。新しい転職先の面接などでも、辞めた理由についての質問を受けることは多々あります。その際にきちんと的確に面接官を納得させることができる理由をもっていれば恐れる必要はありません。殆どの人の場合、職場環境の改善を求める理由が多く、そういった理由は次の職場でも起こりうる問題です。

では、次の職場で同じ失敗をしないために利用をおすすめしたいのが、薬剤師転職エージェントです。人材紹介サービス会社に登録すれば、プロのコンサルタントやエージェントがいます。一人ひとりに適したアドバイスやサポートが受けられ、希望条件を満たした職場探しのお手伝いをしてもらえます。またこうした会社には非公開の求人情報も多く、より優秀な人材を探している企業を紹介してもらえるとうチャンスもあります。また面接で合格するようにしっかりと履歴書の書き方、面接時の対応についてもサポートしてもらえます。

次の職場環境が気になるといった不安もエージェントがいれば事前に調査して、不安や給与面での不満ごとなどの交渉にもあたってくれます。薬剤師などの専門職になると次の就職先捜しも一般の求人情報の中から優良な職場を探すことは困難です。良いエージェント、コンサルタントとの出会いが良い転職先探しに繋がるのではないでしょうか。

転職エージェント会社はマイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師、ヤクナビなど数多くあります。こういった転職情報サービス、人材紹介サービスを上手に利用して転職先探しに役立てましょう。転職回数が多いことが必ずしも不利になるというわけではありませんが、やはり転職回数は多いよりも少ないにこしたことはありません。次の転職先で骨をうずめるぐらいの覚悟で薬剤師の転職探しをしていきましょう。

薬剤師の転職なら、以下のサービスの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.