面接時の服装はどうすれば良い?

面接時の服装はどうすれば良い?

薬剤師として働くためにはまず転職先探しが大切です。自分自身がどういった薬剤師になりたいのかなどの明確な目標を建てた上で、希望する職種に受かるための努力をしていかなければなりません。TOEICなどを取得してスキルアップをはかることも大切ですが、希望する企業での面接も実は就職するための大切なポイントといえるのです。

面接ではまず第一印象で良いイメージをもってもらうことが大切ですよね。でも人の性格は短時間での面接や見た目で判断することは出来ません。そこで面接時において何が大切なのかといえば、服装です。まず面接官に「清潔感」「健康的」「誠実」というイメージを与えることが必要です。入室した際に、第一印象で良い印象を持ってもらえるように心掛けましょう。

一般的な面接同様に薬剤師の面接もスーツが基本となります。スーツ一つの着こなしでもその人の性格があらわれてきます。ヨレヨレだったりサイズがあきらかに合っていないスーツの着こなしは相手に不快感を与えます。スーツだったら何でも良いというわけではありませんので注意しましょう。

では「清潔感」「健康的」「誠実」に見えるスーツの着こなしとはどんなものなのか。まず自分にあったサイズのスーツを選ぶのは基本中の基本です。色も華美なものではなく、黒やグレー、茶系などの落ちつた色のものがベストです。そして、シャツは派手なものを選ばないことです。派手な柄のものではなく、色がついていても落ち着いた色のシャツにし、きちんとアイロンがけされたものを着用しましょう。男性ならズボンにきちんと折れ目がつきシワのないもの。女性なら膝丈のスカートにストッキングですね。靴もきちんと磨いて汚れを取っておきましょう。女性ならば高いヒールは避けましょう。

服装だけでなく、髪型や化粧、爪、髭などにも気を配る必要があります。一般的には前髪で目が隠れていないか、耳が隠れていないか、無精ひげはないかなど、頭のてっぺんから爪の先まで意識を働かせましょう。自分自身が面接官になったつもりで鏡の前で自分と向き合って入念にチェックした上で、面接に挑みましょう。

薬剤師に限らずどんな職業でも面接は緊張するものです。面接の場でしっかりとアプローチできるように、事前に質問を想定したシュミレーションを行うといいですね。面接は履歴書の文面だけではわからない、人としての内面を見られる場です。ここで良い印象を与えることが、まずは就職・転職の第一歩と考えて挑みましょう。

薬剤師の転職なら、以下のサービスの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.