薬剤師の転職動向を知ろう

薬剤師の転職動向を知ろう

薬剤師は非常に厳しい国家試験に合格した人のみが与えられる資格であり、薬剤師という職業は誰もが簡単になれる職業ではありません。現在は薬事法の改正や6年制薬剤師も増えてきて薬剤師を取り巻く環境も以前に比べると変わってきたといいます。そういった中、薬剤師の転職動向はどういった傾向にあるのでしょうか。

6年制薬剤師が就職してすぐに調剤が出来るかと言えば、それはまた別の話となり、いくら知識があっても実際調剤をするには知識のほかに経験が必要になってきます。例えば卒業後すぐに薬局やドラッグストアーに就職した場合、薬剤の調剤は未経験となります。薬剤師の転職動向として多いのは、スキルアップを目的としたものです。調剤未経験の薬剤師の場合、転職して調剤を経験したいなどといったことが転職の動機にもなるようです。逆に調剤を経験した人であれば直接患者さんと向き合って人とのふれあい、接客を学びたいという方もいるでしょう。

どちらの場合もスキルアップ目的のための転職となります。実際、どの勤務形態の薬剤師でも仕事が出来るとなれば転職先の幅も広がってくることは間違いありません。薬剤師の転職希望者には「やりたいこと、やってみたいこと」を明確にもった人が多いのかもしれません。また就きたい職種という目的を明確にもっているほうが転職先も探しやすいといえます。

一時は薬剤師不足とも言われ、転職先を見つけることは薬剤師の資格を持っていれば比較的すぐに就職先が見つかるといった感もありましたが、最近は安定した職を求める学生も多く薬剤師も増えてきており15年もすれば薬剤師は飽和状態になるとも言われています。6年制薬剤師も増えてくるため、これからの転職はこれまでよりは難しいものになるのではないでしょうか。そうなる前に、希望の職場探しをする人が増えている傾向にあります。

安定して働ける就職先を探すためにも、失敗しない就職・転職先選びが肝心です。そのためにはプロのサポートを受けて、より自分に適した職場選びを行い、希望の職種に就けるようサポート、アドバイスを受けられる人材紹介サービスなどの利用がおすすめです。人材紹介サービスなどを通せば、その職場の雰囲気や勤務形態、雇用条件など細かい情報が手に入り、アドバイザーやエージェントも親身になって相談にのってくれます。

以前の勤務先を辞めた理由、次の転職先への希望などを相談して、納得のいく転職先選びをしていきましょう。また、優先して非公開などの求職情報を提供してもらえるように、日々スキルアップにむけての勉強をしていくことも薬剤師転職のためのポイントと言えます。

薬剤師の転職なら、以下のサービスの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.