ボーナス後に転職をする薬剤師が多い?

ボーナス後に転職をする薬剤師が多い?

企業に勤めていれば大抵の場合、ボーナスが支給されると思います。ボーナスの支給時期は企業によって異なりますが、前期が6月〜8月、後期が11月〜1月で、そのほかにも業績が良かった年には決算期にも賞与の支給を行う企業もあると思います。やはり皆さん、毎月の給与とは別に支給されるボーナスを励みに職務を頑張っていますよね。

転職を考える際に必要なのは、現職を辞めるタイミングです。ただ自分勝手なタイミングで辞めれば済むという問題でもありませんよね?仕事に対する責任を持つことが大切ですし、後のことを考えて迷惑の掛からないタイミングで辞めなければなりません。薬剤師に限らず一般的にみて退職のタイミングとして多いのはボーナス後ではないでしょうか。支給されたボーナスを次の転職先が見つかるまでの軍資金に充てようと考える人が多いです。

ただ、ボーナス前に退職の意思を企業へ伝えることで、ボーナス支給時に減給されるなどの影響を考え、突然ボーナス後に退職届を出すという人も少なくありません。ボーナス支給の条件は企業ごとに決まっていて、支給日に在籍していない場合はボーナス査定月の間に勤務していても支給しない場合もあります。転職をする場合は、退職のタイミングを考えて計画的に行う必要があるということです。

まず大切なのは、人として社会人として良識ある行動を取ることが第一優先です。辞めたあとのことをしっかりと考え、後任の選考、仕事の引継ぎ期間を考慮することは当たり前であり、そうすることで退職まで気まずい思いをすることなく職務を全うできます。また、退職するタイミングとして中間、期末決算を目安にしても良いと思います。

中間期であれば9月、10月の企業も多くちょうど夏のボーナス後となるためタイミング的にも辞めやすいといえます。ボーナスをもらってからすぐ翌月には退職というより、少し2,3ヵ月などの猶予をあけて退職するほうが周囲への配慮もでき、同僚や企業側からも嫌な思いをされることも少ないでしょう。

薬剤師として、次の転職先の目処が立っているような場合は、次の転職先と現職の双方の条件を見合わせながら転職のタイミングを計っていければ良いですよね。ただ、同じようなタイミングで転職する人も多いため、そういった時期の転職は求職者も増えるため、転職もそう簡単にはいかない場合もあるということを認識しておきましょう。

薬剤師の転職なら、以下のサービスの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.