薬歴管理業務の薬剤師求人の見つけ方

薬歴管理業務の薬剤師求人の見つけ方

医療機関で処方される医薬品の多くは継続的な服用が求められています。また、複数の医薬品を投与する場合には、相互作用の問題もきちんと管理しておく必要があります。そういった管理を行うのも薬剤師の重要な仕事です。単に特定の疾患に対して効果のある医薬品を提供するだけでなく、患者の健康を維持するため総合的な視野に立った役割が求められるのです。

薬歴管理業務は、そんな医薬品の使用管理に関わる非常に重要な仕事です。とくに近年では薬剤管理指導料が診療報酬の範囲内として認められるようになったため、薬剤師が積極的に服薬指導を行うケースが増えています。服薬指導を正しく行うためには薬歴管理が不可欠。ひとりひとりの患者がどのような病気を抱え、現在どんな医薬品を服用しているのかを、しっかりと把握・管理して必要な時に役立てる役割が薬剤師に求められているのです。

服薬指導の仕事の幅も広くなっており、入院・外来はもちろんのこと、在宅医療や介護施設で生活を送る高齢者に対する指導も行います。高齢者の場合は、健康状態や体の衰えなども考慮に入れたうえで薬歴を管理する必要がでてきます。

では薬歴管理業務に携わる薬剤師求人を見つけるためには、どうすればよいのでしょうか。服薬指導が積極的に行われるようになったことで、さまざまな施設で焼く暦管理業務が求められるようになっています。その分、求人の幅も広くなっているといえるでしょう。まず第一の選択肢となるのが総合病院。調剤薬局を併設している病院が選択肢となります。医師と緊密に連絡を取りながら患者一人一人の薬歴を管理し、適切な服薬環境を整えることになります。求人情報をチェックする場合にも、まず総合病院からの募集をチェックすることになるでしょう。

ただ、求人情報だけでは調剤や服薬指導のみに携わるのか、薬歴管理業務も行うのかはっきりとしない場合もあります。自分で直接問い合わせてみるのもよいのですが、転職サイトを利用するとより手軽に求人を見つけることができます。

リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、ヤスクテといった薬剤師の転職活動をサポートしている転職サイトなら希望の条件に合わせてスタッフに仕事を探して紹介してもらうこともできます。また詳しい問い合わせが必要な場合にも、スタッフが代行してくれますから、気兼ねせずに必要な情報を得ることができるでしょう。

最近では電子媒体を使用した薬歴管理を行う医療機関も増えているため、スキルの有無も就職の際のポイントになる場合があります。そういった細かい点も転職サイトなら事前に確認したうえで探すことができますから便利です。

薬歴管理業務への転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.