薬事職の求人の見つけ方

薬事職の求人をお探しの薬剤師の方へ!

薬事とは製薬会社で新薬などの医薬品の承認申請を行う業務になります。厚生労働省に提出する書類の作成や、申請をおこなう薬の添付文書の作成や改訂が主な仕事になりますが、実際の薬事職の仕事はこれに限らず医薬品開発に携わる業務も行います。

医薬品の開発初期段階から携わり、治験、臨床試験といった進行状況も見ながらプランを練って申請業務に努めていきます。薬剤師の中でもこの薬事職は比較的難しい分野といえます。薬事職として働くためには、まず医薬品に関する専門の知識が必要となり、また申請書作成などの事務的なスキルも重要視されてきます。やりがいのある仕事を求めて他の薬剤師業務から転職してくる薬剤師も多いといいます。

また、国内の医療薬品メーカーから外資系の医療薬品メーカーへの転職希望など同じ薬事職内で転職を希望する人もいます。薬事職につく薬剤師は他の薬剤師職と比べて給与面も高めのようで、少し敷居が高い感じもしますが、薬剤師としての資格を保有している人であれば誰でも薬事職につける可能性はあります。薬事職は新薬の開発という業務に携わることが出来るゆえ、やりがいや達成感を存分に感じることが出来るでしょう。

薬事職に転職する場合、あって損はないのがTOEICです。最近は製薬会社によってはこのTOEICが企業が求める点数以上の保有者が求人条件となっているようなところもあるほどです。つまり製薬会社に勤める場合は、ある程度の英語力が必要になってくるということでしょう。実際薬剤などの表記は英語のものが多いですし、海外への出張もあると思います。そうなったときに英語は必須であり、TOEICが重要視されているのかもしれません。

薬事職の薬剤師転職を希望する場合、少しでも有利になるよう、TOEICも取得するなど、スキルアップに繋がる努力は必要になってきます。また、晴れて就職できてからも日々の勉強は欠かせないでしょう。やりがいがある反面、大変な職業であるということも把握した上で転職先探しをしましょう。製薬会社からの求人情報は非公開になっているものも多く、一般の求人情報で得ることは難しいでしょう。求人の8割は薬剤師転職支援サービスを行う、マイナビやリクナビ薬剤師といったところに集中しているといいます。

こうした転職支援サービス、人材紹介サービスへの登録はネットで簡単できます。また専任のアドバイザーに疑問や悩み、職場への希望など相談することもでき、希望する条件の求人探しができます。口コミでも評判がよく、ランキング上位の転職支援サイトに登録しておけば好条件の求人情報をいち早く入手できますし、あなたの条件にあった求人情報があれば非公開のものなども提供してくれます。薬事職に就きたいならば、自分だけで転職先探しをするよりも転職支援サービスを利用するほうが断然有利でしょう。

薬事職の求人をお探しの方は下記ランキングを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.