薬局製剤業務の薬剤師求人の見つけ方

薬局製剤業務の薬剤師求人の見つけ方

薬剤師の仕事といえば何といっても製剤です。医師の処方に基づいて製剤し、患者に提供するわけです。風邪薬のような日々の生活の中でよくかかる、ちょっとした病気から、ケガの際の痛み止め、あるいは難病の薬物療法に必要なものまで、さまざまな医薬品の製剤を手がけることになります。これこそ薬剤師としての資格を活かすことができる仕事、と思っている人も多いはずです。

その一方で、必ずしも製剤が薬剤師の必須の仕事ではなくなりつつあります。薬剤師の役割の多様化もあり、ドラッグストアのような販売業、あるいはDI業務やMRに代表されるような医薬品に関する情報提供・管理に携わる職業なども就職・転職の選択肢として増えています。そのため、製剤の経験がほとんどないまま薬剤師のキャリアを積む人も少なくないのです。

とはいえ、薬剤師の資格を取得した場合には、まず製剤業務が就職先の第一の選択肢となるでしょう。薬局製剤業務が生涯の仕事となるかはともかく、製剤に関するスキルとキャリアはその後の薬剤師としてのスキルアップに必ず役立ってくれます。

もっとも基本となる仕事だけに、薬局製剤業務の求人は比較的容易に見つけることができます。ネット上にある求人サイトをチェックすれば、すぐに少なからぬ数の求人が見つけられるはずです。問題なのはその質。自分にとってやりがいのある条件で、満足できる求人を探す必要があるわけです。まず、どこまで製剤を行うか。薬局の中にはオリジナルの医薬品をセールスポイントに行っているところも多く、その場合はもっぱら製剤業務に携わることになります。ひとつの医薬品を作るためには、文字通り1日作業となるからです。一方、店舗販売など通常の薬局の業務にも携わるとこも多いですから、就業環境を知っておくことが大事です。

それだけに、求人情報を細かくチェックする手段が求められます。そこで役立つのが転職サイト。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師、ヤスクテといったサイトをご存知の人も多いでしょう。こうしたサイトではネット上に公開されている求人情報だけでなく、ひとつひとつの職場の細かい情報まで入手することができます。登録した会員のみのサービスで、スタッフによる独自の情報収集の内容を教えてもらえることもあります。

また、事前に求人先との条件交渉をスタッフが代行して行ってくれるため、製剤にどの程度関わることができるのか、どういった種類の医薬品を作っているのかといった具体的な面を知るチャンスにも恵まれます。薬局製剤業務に携わりたいと思っている人は、まず転職サイトへの登録を行ってみてはいかがでしょうか。

薬局製剤業務への転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.