スーパーマーケット(GMS)の求人の見つけ方

スーパーマーケット(GMS)の求人をお探しの薬剤師の方へ!

最近は総合スーパーマーケット(GMS)が数多くなり、消費者も大変便利な世の中になりました。総合スーパーマーケットとは、一つの店舗に食品、家電、日用品、衣料品など生活するうえでの必需品を全て取り揃えたお店のことをいいます。つまりそこの店に行けば全てが取り揃えられるお店ですね。そういったお店には必ず小さいながらも薬局も設置しているところが多いです。

また、そうしたところに併設してある薬局は他の買い物ついでに購入することができ、便利なので集客力と言う面からみても個人薬局に比べて有利だといえます。近年は薬事法の一部改定により登録販売者でも薬を売ることができるようになりました。しかし、登録販売者の場合は副作用の危険が高いとされる第一類に分類される薬を販売することは出来ません。第一類に分類される薬は薬剤師が常駐する店舗のみで販売可能ですし、販売時には薬についての使用上の注意、効能などを説明しなければなりません。

薬を安全に販売するためにも、スーパーマーケットの薬局でも薬剤師は必要とされています。実際に自分が薬を買う立場にたったとき、一般の販売員ではなく、薬剤師をまず探します。どの薬が適切なのかなどアドバイスを受けて、安心して薬を買うことができます。また薬剤師がいないと買えない薬を買いに行った際、薬剤師のいない薬局だったため欲しい薬が手に入らなくて違うお店に買いに行ったという経験もあります。

スーパーマーケット(GMS)となるとその他の売上にも影響してくるため、お客を他店へ逃がさないためにも薬剤師の存在は必要です。最近ではスーパーマーケットの薬剤師募集も増えてきました。求人情報はハローワークや一般の求人雑誌等でも見かけますが、やはりおすすめは薬剤師を専門に扱う人材紹介サービスです。

こうしたところに集まる求人は優良企業からのものも多く、希望する勤務先が見つかることが多いです。また専任のアドバイザーが条件にあった求人を見つけて紹介してくれます。面接から就職するまで万全なサポート体制で就職に導いてくれます。こうした人材紹介サービスを利用して就職した場合の離職率は低いといいます。これはやはり納得、満足の行く就職先が決まるからだと思います。

自分で求人を探した場合、正直ある程度妥協なり不満を抱えて仕方なく就職することもあると思いますが、そうした場合、結局長続きせず、転職を繰り返すはめになります。無駄な労力を使わないで良い就職先探しをするためにも、こうしたサービスは上手に活用していきましょう。

スーパーマーケットの求人は下記ランキングを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.