薬剤師レジデントの求人の見つけ方

薬剤師レジデントの求人探しなら!

薬剤師レジデントとは、薬剤師の研修医としての1年目をインターン、2年目以降の専門領域の臨床研修医をレジデントと呼ぶそうです。最近では薬剤師レジデント制度を採用する医療施設が増加しているそうです。薬剤師レジデント制度とは、指導薬剤師の下で、病棟・薬剤業務をしながら薬に関する知識や技能を習い、薬学の専門知識やコミュニケーションスキルを身につけることが目的で大卒後の臨床研修の一環として採用する制度です。

薬剤師レジデント募集施設はこの2年で倍以上に増えているそうです。この薬剤師レジデント制度を採用している施設の殆どが、ガンやエイズなどの感染抑制、緩和薬物療法、精神化薬物療法などを専門とする施設です。また病院で働く薬剤師レジデントは色々な部署を一定の期間、ローテンションで回りながら臨床研究、業務を行うといいます。

薬剤師レジデントとして働くことで薬学大学卒業後にさらなる薬についての知識の習得、技術の習得、またスキルアップにもつながり、今後薬剤師として仕事していくための糧になるのではないでしょうか。薬剤師レジデントとしての経験がのちのち活かされることは間違いなく、薬剤師としてのさらなる成長をもとめて薬剤師レジデントとし働く場を求める人も多いです。

薬剤師レジデントの求人は大学を通じて出されたり、各病院や施設のHPから求人を募っているところもあります。その他、薬剤師を専門とする求人、転職先紹介サービスなどでも求人情報を得ることができます。薬剤師レジデントは研修であっても仕事に従事している以上、給与の支給、その他の条件に関しても他の薬剤師と比べても差はあまりありませんし、レジデントとしての授業料も不要の場合が多いです。まさに働きながら学べる最良の場と言えるでしょう。

ここ2年で増加傾向にあるといっても、日本では薬剤師レジデント制度そのものの歴史が浅いです。そのため、薬剤師レジデントを募集する病院も限定的であるといえます。数少ない貴重な求人情報を得るためには、まず転職支援、人材紹介サービスへの登録がおすすめです。専任のアドバイザー、コンサルタントによって希望の職場探し、サポートが受けられます。

薬剤師レジデントとして働きたい場合、ハローワークや求人情報誌では薬剤師レジデントの求人を見つけることはまず無理でしょう。HPや学校にくる求人情報を得るのも良しですが、転職支援、人材紹介サービスでもこうした求人情報を取り揃えており、条件にある求人があれば紹介、就職が決まるまでしっかりとサポートが受けられます。薬剤師レジデントの求人を探す場合、まずこういったサービスへ登録してみましょう。

求人をお探しの薬剤師レジデントは下記ランキングを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.