公務員の求人の見つけ方

公務員の求人をお探しの薬剤師の方へ!

皆さんは仕事をしていて不安を抱いた経験はありませんか?今の会社の将来は大丈夫なのだろうか?リストラされないだろうか?といった不安や仕事がきつく休みがなかなか取れないといった不満も抱いた経験が誰でもあるのではないでしょうか。そんなとき、休みも給料も仕事も安定している公務員が羨ましいと思ったことはありませんか?しかも公務員の中には技官という専門職向けの求人があり、薬剤師の求人があるのです。

そもそも公務員とはなにか?公務員は国および地方自治体、国際機関等の事務を執行する身分の事です。公務員は大きく分けて国際機関の職員である国際公務員、中央政府に属する国家公務員、地方自治体に属する地方公務員の3つに分けられます。

公務員の求人情報は「地方公務員採用試験案内」や「国家公務員試験採用情報ナビ」などを利用してみましょう。その他、ハローワークや各都道府県の広報誌などに掲載されている場合もありますのでチェックしてみましょう。最近はインターネットも普及し、ネットを使って公務員の求人を見つけることも可能だと思います。あとは求人・日程情報サイトの「公務員試験情報こむいん」もおすすめです。その中に薬剤師の求人もあります。

公務員の求人には年齢制限があったりします。また採用試験もつき物ですので、日々の勉強は欠かせないでしょう。ざっとみると30歳未満の募集や、超えても35歳までといったところが目に付きます。公務員へ転職、就職を希望している人は早いにこしたことはありません。

実際公務員として働いている人の意見を聞くと、外からのイメージとは少し違うようです。残業のないイメージの公務員ですが、実際は残業もあり、サービス残業であることもざらにあるそうですが現在はそういった状況も改善させてきたそうです。身近に公務員として働いている人いるのであれば、そういった人たちからの情報収集も行っておきましょう。時にまだ公表されていないような求人情報も入手できるかもしれません。

公務員は俸給表に基づいて平等な給料で雇われているといいます。収入こそ安定はしていますが、一般企業のように能力を認められて若手であっても幹部昇進などの希望には欠ける気もします。しかも技官の重要性は、 近年高まっています。うわべだけでなく、公務員の実態をしっかりと把握した上で、まず自分が何を望むのか、何をしたいかを基準に仕事を探すことが前提ではないでしょうか。安定を望む人であれば公務員は堅実な職業といえると思います。

公務員への転職なら、下記無料エージェントを活用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.