海外の求人の見つけ方

海外の求人をお探しの薬剤師の方へ!

薬剤師を目指す人、また現在薬剤師として活躍している人の中には、国内だけでなく海外に進出して薬剤師として働きたい、キャリアアップを目指したいと考える人もいると思います。海外の薬剤師は日本に比べて患者との距離感が近く、人々から信頼される職業だと言われています。

例えばアメリカの薬剤師でみると、アメリカは治療費が高いこともあり、一般用医薬品を利用する人が多いと言われています。健康意識も高いそうです。そのためドラッグストアーで働く薬剤師に対して顧客は医師に相談するように薬剤師に相談し、アドバイスを求めることが多いため、薬剤師も薬に関する知識に敏感であり、常に勉強をして最新の知識を身につけておく必要があります。

海外で薬剤師はもっとも信頼される職業のトップに選ばれるほどの仕事です。また日本の薬剤師と比べて海外の薬剤師の給与は多く、高額収入者となるそうです。アメリカ以外にもヨーロッパもアメリカ同様、患者や顧客とのコミュニケーションが密で地域密着型の薬剤師が多いです。勤務時間は給与も高い分、多くなりがちですが、能力社会のため仕事が出来る人は認められて若くても高い地位に立つ可能性もあり、やりがいや満足感を得られる仕事であることは確かでしょう。

海外で薬剤師として働くには、まず海外での薬剤師資格を得る必要があります。日本お薬剤師資格は日本でのみ有効なので海外では通用しません。6年生薬剤師の場合、アメリカだと実務経験がなくても試験を受ける資格はあるそうです。働きたい国でまず薬剤師国家試験を突破することが第一です。その他、海外で働くためにはなんといっても英語力が必要になってきます。日常会話は勿論、難しい医学用語の英語もマスターしておかなくては仕事として成り立ちません。

また日本では薬学科を卒業して薬剤師資格を得て就職した場合、数日から数ヵ月の研修期間後、すぐに一線に出て働くことの出来る職場もあります。しかし、アメリカではインターンが必須で、一線で仕事ができるようになるまでみっちりと研修でさらなる知識などを学びます。薬剤師の重要性や価値観がわかります。アメリカでは薬剤師は医師と匹敵するほど地位の高い職業にあたるそうです。そういった場で薬剤師として仕事をしたいと思うのも納得です。やはりやるからにはやりがいのある仕事に就きたいですよね。では日本国内にいてどうやって海外の薬剤師求人を見つけるのかといえば、やはり転職支援、人材紹介サービスの利用です。

こういったところでは海外の薬剤師求人を専門に取り扱うところもあり、条件を絞って求人を探すこともできます。また専任のコンサルタントが条件にあった求人探しのお手伝いをしてくれます。いきなり海外での仕事に抵抗があり将来的に目指すのではれば、外資系の製薬会社への転職も一つの選択しとなると思います。転職支援、人材紹介サービスでもこうした求人情報を取り揃えており、条件にある求人があれば紹介、就職が決まるまでしっかりとサポートが受けられますので是非利用してみましょう。

海外の求人をお探しの方は下記ランキングを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.