自衛隊の求人の見つけ方

自衛隊の求人をお探しの薬剤師の方へ!

あまり知られていないようですが、薬剤師の働き場所に自衛隊があります。自衛隊に勤める薬剤師は薬剤官と呼ばれているそうです。陸、海、空軍とそれぞれに分かれています。自衛隊で薬剤師として働く場合は一般の公務員試験のような試験が行われ合格した者だけが働く資格を得られます。

物自衛隊の薬剤師は幹部候補生学校にまず入校し、その後、尉官の階級が与えられ、自衛隊の病院や駐屯地の診療所に配属されるようです。1年間は実務研修が行われ調剤や製剤、臨床薬剤業務などの基本的な知識を身につけていきます。自衛隊で働く薬剤師は環境衛生管理、医薬品の管理、食品衛生などの指導を行うなどの業務を担っています。

必要な訓練を受けたあと、那覇病院、航空医学実験隊など、全国各地にある勤務地に配属が振り分けられ進路が決定するそうです。自衛隊の薬剤師は国家公務員であるため一つの場所でずっと勤務し続けるわけではなく、転勤があります。自衛隊の薬剤師は一般の薬剤師とは少し違った認識で、自衛隊であることが第一前提となります。そのため災害時などは被災地へ派遣されることもあたりまえにあると言います。

自衛隊の薬剤師は尉官3尉から始まり(院生の場合は2尉)まり、給料も階級で分けられています。また、職場も階級別でことなり、一般の企業のように頑張り次第では昇進もでき、一般の薬剤師に比べて給料も高めの傾向にあり、やりがいのある職業と言えます。ゆえに非常に激務で活動的な勤務体制のようでが、自衛隊では独自の医薬品や装備の開発も行われ、クリエイティブな業務だということは確かでしょう。

自衛隊の薬剤師求人の情報はどこで得るのか?正直、一般の求人、ハローワークなどで求人情報を得ることはできません。それは自衛隊の薬剤師の求人情報は一般に公開されることがないからです。ではどうやって情報を得るのかといえば、転職サイトや人材紹介サービスといったものです。こういった転職支援、人材紹介サービスに登録しておけば希望の求人情報の紹介が受けられます。

専任のアドバイザーに色々と相談にのってもらい、アドバイスを受けることもできますし、職場を事前に見学してみたいといった場合にも同行してもらい、内情などの調査などしてもらえ、就職までしっかりサポートしてもらえます。希望の勤務先を見つけるためにもこういったサービスは積極的に利用していきましょう。特に自衛隊の薬剤師など少し特殊な職業を望むのであれば尚更です。是非こういったサービスを使って貴重な求人情報を逃さないようにしましょう。

自衛隊の求人をお探しの方は下記ランキングを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.