ホテルの求人の見つけ方

ホテルの求人をお探しの薬剤師の方へ!

薬剤師の中には英語が堪能な人も増えており、英語をいかした薬剤師業務に就きたいと転職する人もいます。英語が活かせる薬剤師と言えば、外資系の製薬会社をはじめ、空港に併設している薬局やクリニックでの薬剤師などがありますが、大きなホテルになるとホテルにも薬局が併設されている場合があり、そこも英語が堪能な薬剤師が必要とされる職場の一つです。

ホテルは日本人以外の外国人が多く宿泊利用する場所です。外国人が安心して利用できる環境を提供するのもホテルの役割であり、いざ病気になったときに困らないためにも英語ができる薬剤師が必要とされています。最近では大手企業ともなると採用条件にTOEICや英検の有資格者としているようなところもあるほどで、英語が出来ることは薬剤師にとってはあたりまえの条件ともなりつつあります。

とはいえ、ホテルで求められる薬剤師の場合は英文を作るような高度な英語力を求めるものではなく、あくまでも一般会話が出来れば十分事足りると思います。ホテルに併設している薬局の場合、街にあるドラッグストアーなどに比べれば来客も少なく、それほど忙しいといったことは無いといいます。忙しくない落ち着いた環境で、尚且つ得意な英語が活かせる職場としてはホテル併設の薬剤師は最適ではないでしょうか。

営業時間も一般の薬局同様に決まっていて24時間交替勤務することはありません。宿泊者の急な体調不良で、ホテルでも対応可能な軽度の場合は適合する薬についての問い合わせぐらいは入るかもしれませんが、それ以上のことはないと思います。勤務条件は決して厳しいものではなく、他の薬剤師に比べれば優遇されている職場と言えます。

ではホテルの薬剤師の求人情報はどこで得るのか?ホテルのHPなので求人を募っていることはあまりありません。ホテルの薬剤師は従業員数も少ないため求人もあまり出ていないと思います。また一度就職したあとの離職率は低いのではないでしょうか。そういった貴重な求人情報を逃さないために、転職支援サービスや人材紹介サービスの利用をおすすめします。転職支援サービスや人材紹介サービスに登録しておけば、希望する職種の求人があればすぐに情報を教えてくれます。効率よく無駄の無い求人探しができるようになりますし、希望の職に就ける可能性も高くなります。

妥協の無い求人探しをすれば、希望の職場へ就職した際に、すぐに辞めるといったトラブルも防ぐことができます。実際、こういったサービスを通じて就職した場合の離職率は非常に低いといいます。転職のプロがしっかりとしたサポート体制で就職が決まるまでのお手伝いをしてくるため、満足のいく就職ができるのは確かでしょう。

ホテルの求人をお探しの方は下記ランキングを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.