学術業務の求人の見つけ方

学術業務の求人をお探しの薬剤師の方へ!

薬剤師というと近年ではドラッグストアに人を配置するためのとりあえずの資格のように思われがちですが、 元々は非常に高度な教育を受けている人たちです。医療の進歩というのはサービス業としての医師の能力の向上と言うよりも、 薬剤や医療機器の高度化のことといえるのではないでしょうか。

こういったことを背後から支えているのは新薬の開発や、 薬剤の研究に日々取り組んでいる人たちであり、それがまさに薬剤師なのです。薬剤師とひとくくりにいっても医師のようにピンきりの世界になっていますが、 それでも高度な薬剤師には非常に高い能力が求められているのです。こういった中には学術研究の求人を出す職場があるのです。 それは一体どういった分野でしょうか。ここではその詳細について少し調べてみました。

学術業務を行う薬剤師の仕事というとまず頭に浮かぶのがアカデミックな研究をする大学です。大学では学術として薬剤を研究しており、 医学部のある理系の大学では、ほとんど薬学部が設置されています。薬学部は大学だけでなく病院にも繋がっており、 臨床での仕事をすることになるでしょう。しかしこれだけが学術業務ではありません。薬剤師には多数の研究領域があり、研究職での 求人というのもたくさんあります。一般には求人は求人サイトと言うよりも大学の募集要項などを見て行うものがほとんどですが、 たまに研究者というより企業内研究や大学での臨床研究としての募集があるのです。

しかし近年はこれだけではありません。実務で仕事をする病院や新薬研究の分野にも多数の学術的業務が含まれているからです。 近年薬剤師が医師の代わりに仕事を行うスイッチングOTCという分野が、発展しています。 スイッチングOTCでは薬剤師により専門的な能力を求められることになり、医療の専門家として患者にアドバイスをすることになります。 こういった点からもより高度で能力のある薬剤師が仕事をする環境が望まれるところです。

こういった分野でも、これまでの研究をさらに実務に耐える形で配布するという研究的分野があるのです。 そういった意味では、ジェネ李育医薬品の研究や海外での薬の使われ方を調べるといったデータの収集も一種の企業内研究業務といえるのではいでしょうか。

薬剤師さんには幅広い研究領域があり、こういった分野を強化していって欲しいですね。 そのためにも安定した職場と、その求人が広く行き渡ってゆくことが望まれるところです。

学術業務の求人をお探しの方は下記ランキングを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.