外資系企業の求人の見つけ方

外資系企業への転職をご検討中の薬剤師の方へ

最近は日本の企業よりも外資系企業を好んで求人を探す若者が増えています。それはやはり開始系企業のもつイメージ良さも先行しているのではないでしょうか。薬剤師専門の募集もあります。そのイメージの良さとは一体何でしょうか?

例えば、外資系企業と日本企業の大きな違いといえば、社員の地位ではないでしょうか。日本の企業はまだまだ年功序列、学歴社会の風潮が強く、能力の有無にあまり関係なく勤務年数の長さや年齢などで給与面が固定されがちであり、女性より男性が優位の社会です。しかし外資系企業の場合は年齢、性別に関係なく、能力のある者が優遇されるといった体制の企業が多いといえます。つまり仕事にたいするやりがい、成功すれば能力が認められて若い人でも出世できる可能性の高い会社だということです。薬剤師の外資系の求人は、海外の製薬メーカーに務める例が多いようです。日本の製薬メーカーの年収もすごいですが、海外もかなりいいです。

日本企業で安定した仕事、長く勤めれば普通に昇給していけるシステムでの仕事を好む人もいますが、やる気に満ち溢れた、希望や夢を抱いた人にとっては外資系企業のシステムにあこがれる人も少なくありません。また衣服の面でも日本のようにお堅いイメージもなく、自由な服装で仕事が出来る企業も多いです。

ただ、いいところばかりに目を向けていてはいけません。外資系企業での就職を望むのであれば、やはりデメリットな部分もしっかりと把握しておくことは当然です。能力が認められれば昇進もでき、給与も上がりますが、その反面、会社に貢献しない、役に立たないと判断されたときは冷酷だということです。戦力外通告が出され、即会社をクビになる可能性も十分にあるということです。そういったメリット、デメリットを踏まえた上で、やりがいのある会社の求人を見つけていきましょう。これは薬剤師でも同じで、一般的に安定雇用と思われがちですが、外資系ではクビがあり得ます。

外資系企業の求人をみると、金融系の外資系の会社の場合は学歴重視の傾向がありますが、IT関連の外資系企業になると学歴よりも能力や知識を重視するといったところもあります。同じ外資系でも職種によって求めるスキルやレベルの違いがはっきりしているようですね。ただ、共通して言えるのは英語力です。これはないよりもあったほうが有利になることは確かではないでしょうか。

外資系企業の求人は専門の紹介会社など、転職、就職をサポートしてくれる人材サービスを利用してみましょう。こうしたところには優良な企業の求人情報も豊富にあり、自分にあった条件の職場探しがスムーズに行えると思います。また専任のアドバイザーがいるため、就職までしっかりサポートしてもらえるなどのメリットも多いです。こうした人材紹介サービスはインターネットで簡単に探すことが出来ますので、最初に行う就職活動としてまずここから始めてみましょう。

外資系企業の求人をお探しの方は下記ランキングを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.