動物用医薬品販売の薬剤師求人の見つけ方

動物用医薬品販売の薬剤師求人の見つけ方

薬剤師は医薬品を手がけるための専門知識を備えた仕事です。医薬品はさまざまな所で扱われていますから、薬剤師が働く範囲も非常に幅広くなります。その中には意外にも思えるものも含まれているのですが、その代表格といってもよいのが動物用医薬品販売の仕事です。

その名称からもわかるように、動物用の医薬品の販売に携わる仕事です。ペットブームと言われているように、犬や猫をはじめとしたペットを飼う人が増えており、その健康を維持するための環境が充実している状況です。活況を呈している動物病院の話も聞くことが多いものです。そんな動物向けの医薬品を扱う際にも薬剤師の存在が必要なのです。

動物が好きな薬剤師にとっては非常に魅力的な選択肢となるこの動物用医薬品販売。では、どうやって求人を見つければよいのでしょうか。まず知っておきたいのが動物用の医薬品を扱う店舗では必ず薬剤師が必要であること。そのため、意外と需要が多い点です。ただ、店舗で医薬品を販売する場合には動物用医薬品登録販売者でも可能となっています。それから仕事の種類。動物用医薬品販売業の仕事は大きく4種類に分けることができます。動物用医薬品店舗販売業、動物用医薬品配置販売業、動物用医薬品卸売販売業、動物用医薬品特例店舗販売業です。それぞれ仕事内容が異なるほか、勤務する店舗や企業も異なってきます。たとえば動物用医薬品卸売販売業の場合は、販売先が特定の相手に限られてきますし、動物用医薬品特例店舗販売業の場合は必ずしも薬剤師の存在が必要ではなくなっています。

こうした種類の違いを踏まえたうえで仕事を探していく必要があるわけです。先ほど意外に需要は多いといいましたが、求人情報で探すとなると話は別。やはりドラッグストアや調剤薬局からの求人に比べると数が少ないため、埋もれてしまうことも少なくありません。また、検索条件で絞り込むことも難しいため、いかに効率よく情報を見つけていくかがポイントとなるでしょう。

正直な話、通常の求人サイトでは見つけるのが難しく、薬剤師の求人を専門に扱っている転職サイトの利用が不可欠となるでしょう。ヤスクテ、リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師など、多彩な求人を数多く扱っている転職サイトもありますから、それらをうまく活用したいところ。

動物の健康を願い、医薬品を適切に扱う動物用医薬品販売。ペットブームの影響から今後ますます期待が高まる仕事となるでしょう。薬剤師の有力な転職先として候補にいれておきたいところです。

動物用医薬品販売への転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.