DI業務の薬剤師求人の見つけ方

DI業務の薬剤師求人の見つけ方

薬剤師の役割が多様化している状況ですが、その中でもDI業務は近年になって注目を集めている職種といえます。「医薬品情報管理業務(Drug Information)」の略称となるDIはその名称からも推測できるように、医薬品に関する情報を取り扱うのをおもな業務としています。それならドラッグストアや調剤薬局の仕事と変わりないじゃないか、と思う人も多いでしょう。DIはこれら医薬品を使用する人と直接接する仕事とは少々内容が異なります。

具体的には、患者や顧客に対して医薬品に関する情報を提供する仕事がメインとなります。顧客というのはドラッグストアや調剤薬局に訪れる人だけでなく、医療機関のスタッフ、あるいはドラッグストアの店員なども含まれます。つまり、医薬品を取り扱う専門家に対して専門的な知識を提供する、スペシャリストともいえる仕事なわけです。近年の病院にはDIを専門的に行うため、医薬品の情報収集・提供を目的としたDI室が用意されています。DI業務への転職を目指す場合には、DI室の求人情報を探す必要があるわけです。

それだけに、DIになるためには専門家をも納得させる知識が求められます。そのため、求人情報でも一定のスキルが求められたり、DI業務の経験が求められることが多くなります。その分、ハードルが高いともいえるでしょう。

もうひとつ、薬剤師がDI業務の求人を探す上で知っておきたいのが情報源。薬剤師の求人は数多く見かけることができますが、DI業務に関しては話は別で、どうしても数が限られてしまいます。多数の求人の中からDI業務だけをピックアップするのは大変ですし、手間がかかってしまいます。

もうひとつ、上述したようにDI業務には一定のスキルと経験が求められるため、募集する側も非公開求人などの形で、ごく限定された範囲で求人を掲載するケースが多いのです。転職サイトが登録している薬剤師の質を保証してくれる形になるからです。ですから、DI業務の薬剤師求人を探す場合には、薬剤師の転職サイトの理由がお勧めです。

リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、ヤスクテなどが有力な選択肢となるでしょう。これらの転職サイトでは量・質ともに充実した薬剤師の求人情報が用意されていますし、DI業務に関する求人も効率よく探していくことができるでしょう。雇用形態や勤務地、従業員の数といった細かい条件で検索できる点も大きな魅力です。非公開求人を活かせばもっと選択肢が広がることでしょう。限られたチャンスを活かすためにも、できるだけ効率よく情報収集できる手段を見つけることが第一となります。

DI業務への転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.