薬剤部長の薬剤師求人の見つけ方

薬剤部長の薬剤師求人の見つけ方

転職を目指す場合、管理職の求人を探す人も多いのではないでしょうか。とくに40代を過ぎての転職の場合、ある程度のポストが欲しい、と考える人は少なくないはずです。薬剤師の場合は、現場の責任者や薬剤部長などが選択肢となります。とくに病院や研究機関の薬剤部長は高収入、安定職が見込める魅力的な仕事です。

ただ、薬剤部長の地位は急に得られるというわけではありません。基本的にはその企業・組織で長期間働き続け、キャリアと信頼を獲得した人が出世する形で薬剤部長の地位に就くことになります。そのため、薬剤部長の薬剤師求人は非常に限れており、しかも特殊な状況下で募集が行われるケースが多く見られます。

では薬剤部長の薬剤師求人はどのようにして見つければよいのでしょうか。方法は3つ考えられます。事業を拡大し、新たな店舗や事業所を開設した際の募集。大手調剤チェーンにおいて多く見受けられます。新規オープンですから基本的には全員が新規雇用となり、中途採用で管理職に就くやりづらさもありません。もっとも数も多く、第一の選択肢となるでしょう。ただ、新規オープンだけにその後の経営がうまくいくのかどうか不透明な面も見られます。薬剤部長としての責任も重くなるでしょう。

2つ目はやや特殊なケースですが、欠員が生じた場合に募集が行われるケース。内部昇格ではなく、外部から招聘することによって欠員を埋める形となるわけです。薬剤部長のほかは、その部署には若くて経験が不足したスタッフしかいない場合などによく見られます。当然、即戦力として活躍できるスキルと経験が求められます。

3つ目はヘッドハンティング。薬剤師自ら求人情報を探して就職活動を行うのではなく、雇う側がオファーをかけてくるタイプです。薬剤師の役割が多様化しているなか、優秀な人材があちこちから求められている状況。有能な薬剤師は雇う側から誘いをかけられるケースもあるわけです。厚遇でのオファーが多く、もっともよい環境で薬剤部長として働くことができるでしょう。

どの選択肢をとるにしろ、有力な情報ルートの確保が不可欠。やはりマイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師、ヤスクテといった薬剤師向けの転職サイトを利用するべきでしょう。たとえばリクナビ薬剤師では、登録したうえでヘッドハンティングを待てる制度も導入されています。管理職への転職は自己アピールが重要ですから、スタッフによるサポートも大きな意味を持ってくるでしょう。チャンスを活かす意味でも、まず転職サイトの利用がお勧めです。

薬剤部長としての転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.