登録販売者へ転職

登録販売者へ転職

2009年6月より規制緩和により薬事法が改正され、登録販売者の制度が誕生しました。この制度は第1類医薬品よりリスクの低い第2類、第3類の医薬品を扱う事の出来る資格で、いわば薬剤師の補助的な役割を担うものです。

受験資格は「大学等の薬学専門課程修了者」「高校(薬学専門課程以外の大学含む)を卒業し、1年以上一般用医薬品の販売に従事した者(高校卒業でない場合は4年以上の実務経験が必要)」「1,2と同等以上の知識経験を有する場合(例えば、外国約学校卒業者、外国の薬剤師免許取得者、高等学校卒業程度認定試験に合格し1年以上一般用医薬品の販売等に関する実務経験者)」と、薬剤師に比べて受験資格が広く、ドラッグストアや薬局での勤務経験があれば誰でも受験できる制度になっています。

日本チェーンドラッグストア協会では登録販売者の必要人員を8万人と予想していましたが、2010年までにすでにその必要人員を満たしているのが現状です。今後、薬剤師同様に登録販売者も過剰傾向になることが予想されています。

登録販売者はあくまでも薬剤師の補助としての制度です。給与面で見てみるとドラッグストア等で勤務した場合は時給に反映されるというよりは毎月の資格手当として給与に上乗せされることがほとんどです。パート・アルバイトの場合の資格手当は平均すると1万円前後が相場として見られています。正社員として働く場合、初任給で300万円前後、店長クラスで400万円前後が年収の相場として考えられています。まだまだ、誕生して間もない資格ですので基準が変化することも十分にありうるでしょう。年収300万円時代と呼ばれる昨今、平均か、平均より少し高い程度の年収と言ったところでしょうか。

薬剤師と比べるとどうしても収入の面で劣ってしまうのですが、24時間体制のドラッグストアを運営する企業等ではどうしても必要な人材です。今後、ドラッグストアでのパート・アルバイトは優先的に登録販売者を採用し、登録販売者を持っていない人は基本的に募集を減らす傾向にあると言われています。就職難が叫ばれる現在、ドラッグストアで勤務している方は是非持っておきたいところです。

また、登録販売者自体がまだ拡張性を持っている資格です。今後、法改正によって、よりその地位が高まることも考えられます。それでも不安な方は薬剤師や登録販売者の転職に関して強いキャリアコンサルタントがアドバイスをしてくれる転職支援サイトを利用すれば心強いですよね。登録販売者の転職に強い転職支援サイトも存在していますから、ドラッグストアへの転職を考えている方は是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

登録販売者への転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.