営業職(MR)へ転職

MRとして営業で活躍したい薬剤師の方へ

薬剤師と言う職業にはさまざまな選択肢があります。薬科大学を6年かけて卒業後に国家試験を受ける資格を有する薬剤師は医薬品に対してかなり豊富な知識が要求されることは言うまでもありませんね。

実際に薬科大学を卒業し就職をする際にもいろいろな就職があります。一般的には調剤薬局などで処方してくれるのが薬剤師の方のお仕事と言うイメージがあるのも現実です。 しかし、薬剤師の方にも営業職と言うものがあります。 単調な作業やデスクワークが苦手な方にはこのよう営業職も視野いれるのも良いかも知れませんね。

その薬剤師の営業職にも大きくわけて2種類あります。MRと言ってメディカ・レプレゼンタティブの略で医薬品に関する情報を担当する者のことを言います。 製薬企業の自社研究、開発、製造されている医薬品の効果や副作用など医薬品に関する使用方法を医師に伝えていくことが役割となります。そのため的確な情報を伝えるために豊富な知識が要求されて来ます。

MSというマーケティング・スペシャリストの略である医薬品卸販売担当をする営業もあります。こちらはさまざまなメーカーの医薬品や医療機器、医療材料を取り扱うためMRよりも幅広い知識が要求されますし情報交換や販売ではコミュニケーション能力も問われると言えるでしょう。 どちら営業職も薬剤師の方がしっかり医薬品に対する知識を身につけていなければできないと言っても過言ではありませんね。

疑問点や不安な点が多ければその医薬品を使ってみようと思う医療機関はないでしょう。それだけ薬剤師としての営業職は責任重大なお仕事と言っても良いでしょう。 責任重大なだけにやりがいと言った意味ではどの職場よりもあるのかも知れませんね。薬科大学で学んだ医薬品に関する知識をフルに活用できるのが職業のひとつが営業職と言ってもよいでしょう。

現状に満足していない薬剤師の方やご自身のキャリアアップを目指したいと思っている薬剤師の方はこの営業職を視野に入れてみてはいかがでしょう。 もちろんご自身でお仕事をしながら理想の営業職を探すのは難しいでしょう。そんなときに利用すると便利なのが薬剤師の専門求人サイトです。

簡単にパソコンから登録ができますし専任のコンサルタントの方が丁寧に詳細条件などを聞きご自身の条件にあった求人先を探してくれます。 もちろん細かな条件の交渉や面接などの調整もしてくれるので気になった求人先があれば見学を兼ねて面接へ行けば良いと言うわけです。

↓ 営業職の求人探しなら以下の無料エージェントを利用しよう! ↓

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.