研究・開発のお仕事へ転職

研究開発のお仕事をお探しの薬剤師さんへ

新薬を作るための研究や開発と言うは言葉にしてしまえば簡単に聞こえてしまいます。 しかし、新薬を作るためには病気の治療に効果がある成分を発見したり造り出したりすることが必要となって来ます。 製薬企業が必死になって成分を見つけ出し合成した化合物を研究しても実際にその中から新薬として世の中に送り出されるのはわずか6000分の1と言うのですから気の遠くなる話ですね。

それでも研究や開発を止めてしまえば新薬は世の中に送り出されることがなくなります。効果がある薬に巡り会うことができずに苦しんでいる患者様のことを思えば新薬は絶対的に必要なものです。 膨大な研究対象のなかから効果が期待でき毒性が少ない物質が次の開発段階へと進むことができるのです。

開発段階では動物や細胞を使用し医薬品としての有効性と安全性を確かめます。非臨床試験はGLPと呼ばれる厳しい基準に則って実施されます。通常は3年から5年かかると言われています。 この非臨床試験を通った薬の候補化合物は人間に対して有効であり安全であるかを調べる臨床試験が行われます。この臨床試験は3段階にもわたり行われることになります。

臨床試験にもGCPと言う厳しい実施基準があり通常3年から8年はかかると考えられます。 新薬を作る研究や開発と言うのは根気と新薬を創りだしたいと言う強い気持ちがなければなかなか成し遂げることができないものかも知れませんね。

厳しい基準を少しずつクリアして長い年月をかけてもその大半は新薬の候補から消えているのが現状のようです。 研究や開発には労力だけではなく多額な費用も必要となってきます。その多額な費用も新薬として世に出てこそムダにならないと言えるのでしょう。

しかし、現実はそれほど甘くはないと言ったところでしょう。長い年月をかけて根気よく新薬に取り組みたいと考える薬剤師の方がいらっしゃれば適任かも知れませんね。 もともと薬剤に関して豊富な知識と技術を持っていると言うことは基礎ができているわけですから研究や開発にも違和感なく取り組むことができるのではないでしょうか。 薬剤師としてのスキルアップはもちろん薬剤のスペシャリストになるにはとても良い職業だと思います。

研究や開発といった職業には向き不向きがあると思いますが薬剤師の方なら根気よく薬剤に対して向き合うことは学生時代を含め実務経験をお持ちならば抵抗なくできるのではないでしょうか。

↓ 研究開発の求人なら、以下の無料エージェントを活用しよう! ↓

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.