漢方薬局へ転職

漢方薬局へ転職

近年、保険が適用される漢方薬が増えている一方で、あまり漢方について詳しく理解できていない医師による漢方薬の過剰投与や誤投与によるトラブルが発生しています。そこで、漢方に精通した漢方薬局の薬剤師の需要が高まっています。

もちろん、現実的に見れば病院、調剤薬局、ドラッグストアなど一般的に見られる事が多い薬剤師の求人と比べればその数は少ないです。薬剤師の免許を持っていれば扱える漢方製剤の種類は多いのですが、実際に触れる機会が少なかったという方もいらっしゃるでしょうし、漢方薬局や漢方医の先生の下で勉強しながら実際の業務の中で覚えていくというケースも多いと思います。 漢方薬剤師を目指したいという方には、「医食同源」という考え方が漢方にもあるように、生活の中から健康や病気の予防について考え、患者さんの健康を支えたいと考えている方が多いように感じます。出来れば、将来的には独立したいと考えることも多いようです。

しかし、実際にはいきなり独立して成功するというケースも稀でしょうし、現実的には前述したように漢方薬局などで勉強をしてからというのが良いでしょう。そのためにも良い漢方薬局へ転職出来るかどうかが重要となります。

こうした事情を踏まえてか、漢方薬局が薬剤師を募集する際には「未経験者歓迎」「教育制度充実」という求人募集が多くみられます。需要はそれなりにある分野なのですが、まだまだ漢方薬剤師として専門的に漢方の事を理解している薬剤師の方も多くはないため、薬剤師の免許を持っている方で漢方に対しての興味や情熱があれば採用するというところも多いです。

西洋医学と漢方の和合をテーマとした薬局も多いです。この背景には保険適用されている漢方が増えたことから、その線引きがより曖昧なものになってきた事も一因としてあると思います。そういった薬局も増えていることから、今まで学んだ知識やスキルを活かせる業界であることは間違いないでしょうし、より面白く患者さんの役に立てる医療分野として発展することも確実でしょう。

現在、求人が出ている薬局と言うとどうしても都市圏に偏りがちで、地方では今のところあまり漢方薬剤師の需要が少ないのが実情です。しかし、保険に適用した漢方を処方できるのは薬剤師の免許を持った方だけです。地道な転職活動を続けていれば必ず結果は出るものです。あなたの夢を叶える最初の一歩として漢方薬局への転職活動をより良いものにしてください!

漢方薬局への転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.