ドラッグストアへ転職

ドラッグストアへ転職

薬剤師免許の取得者が増え続けていることから、年々、薬剤師として働く事が難しくなっていると言われています。「病院や調剤薬局の求人数が少ないため、薬剤師として勤務したいが現実は難しい」皆さんも就職や転職活動の中でそういった状況に直面しているかもしれません。

そこで、実際に働き口として受け皿の中心となってくるのがドラッグストアではないでしょうか。現在、全国のドラッグストアは15,000店舗あると言われています。実際に各都道府県での分布には偏りがあるでしょうが、平均して考えると各都道府県に300店舗以上あることになりますし、今後もドラッグストアはコンビニのようにハイペースで増え続けていくことが予想されます。

そこで各店舗に必要とされているのが薬剤師です。実際、深夜や土日を問わず営業しているドラッグストアにとって薬剤師の数を確保しておきたいというのが実際のところでしょう。求人を見ても病院や調剤薬局に比べてドラッグストアの求人数が明らかに多いというのは皆さんも体感している事ではないでしょうか。

しかし、ドラッグストアはどちらかと言えば敬遠されがちな業界ではないかと思います。やはり、比較的人気の高い調剤薬局と比べると役職自体が少ないために出世もしづらく、大幅な収入アップが見込めないという問題があります。そのためにドラッグストアで働いている薬剤師の中でも「調剤薬局に転職したい」という声を聞くことがあります。

一方で、ドラッグストアで働く事のメリットもあります。比較的意見として多いのは「将来的に独立開業したい」というものです。調剤薬局や病院に比べた時に、より接客業としての要素が強く、店舗によっては事務作業にも携わる機会があるために店舗運営について考える機会が多く勉強になる部分もあるでしょう。

また、接客業としての要素の強さからお客さんと話す機会も多いため、病院や調剤薬局で働くよりも楽しいという声を聞くことがあります。他人とコミュニケーションを取ることが好きな方にとって、薬品の調剤だけを行っているよりもレジ打ちや商品の品出しなども行いながら薬剤師の仕事をしている方が良いと考える人もいます。

いずれにしても、現在、最も薬剤師が求められている業界はドラッグストアであるという傾向は今後容易には変わらないでしょう。将来の方向を考え、仕事の中で人と関わっていたいと思う方には意外と向いている職種かもしれません。転職サイト等でも比較的求人数が多いですから、興味のある方は一度意識して覗いてみてはいかがでしょうか。

ドラッグストアへの転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.