製薬会社へ転職

製薬会社へ転職

製薬会社に勤める薬剤師というのは薬剤師の中でも花形とされる事が多々あります。新薬開発の現場に立ち会い、患者さんの多くが自らの開発した薬品を使用しているという事への充実感もあるでしょう。もちろん、業界が業界だけに薬剤師の中でも高収入で募集をしているところが多く、同時に狭き門であると言えるでしょう。

大手の製薬会社では年収が20代で1,000万円を超えているケースもあります。例えばドラッグストアに勤めている薬剤師の平均年収が500〜600万円に比べると大きく違う事が分かると思います。

しかし、製薬会社に採用されたとして必ずしも研究職につけるとは限りません。その多くは薬剤師の免許や知識を活かして営業職、MR(医薬情報担当者)になっているのが現状ではないでしょうか。

MRは医師に対して自社製品の情報を医学的な知識や薬学的な知識から伝え、自社製品が患者さんの治療にどういう効果を発揮するのか伝えるのが仕事の一つです。これがうまくいかないと、医師が患者さんに対して誤った治療をしてしまうことになります。

また、医療現場から得たデータを自社の製薬部門に対してフィードバックする役割も担っています。その為の研究会や講演会を主催する役割を担う事もあります。

研究職として採用される事は非常に稀なケースです。時々「新卒で非常に優秀な成績を残していなければ一生研究職につけない」と言われることもありますが、最初の就職で製薬会社の研究職につけなければ一生チャンスは訪れないかというと必ずしもそうではありません。例えば、CRO(受託臨床試験実施機関)やSMO(治験実施施設管理機関)など、新薬の研究開発と近いところで働いていたという経験や知識を買われて大手企業の研究職に転職した方もいます。もちろん、こういうケースはそこまで多いものではありませんし、研究職に就くのはいずれにせよ難関であることに変わりはありませんが、地道な転職活動を行えば結果として研究職に就くことも可能なのです。

それでも、製薬会社の転職と言えば営業が関わってくるものが一般的でしょう。このように製薬会社への転職は薬剤師の免許を持っているだけでなく、免許と知識を活かした営業活動や対外折衝が要求されるケースがしばしばあります。他人とのコミュニケーション能力が必要な職業なので人見知りをしてしまうタイプの方は非常に苦労すると思いますが、それだけの年収とやりがいを感じられるのが製薬会社での勤務になるのではないでしょうか。

製薬会社への転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.