治験コーディネーターへ転職

治験コーディネーターへ転職

CRC(治験コーディネーター)は医療機関の代わりに治験業務の一部を受けているSMO(治験施設支援機関)に勤務し、治験を実施する医療機関の立場から、医師やスタッフへの伝達事項の報告、被験者への治験内容や薬の投薬などの説明・スケジュールの調整、書類作成や検体処理等により担当医師の指示に従い医学的判断を必要としない治験業務のサポートを行います。

日本は世界的に見ても薬品の規制が厳しい国です。新しい薬を製薬会社で作っても、それが承認される前に臨床試験を病院で行う必要があります。治験コーディネーターはこの現場に立って仕事をするのです。

治験コーディネーターに転職した際の平均年収は300万円前後から始まります。その後、経験や実力が付き、役職がつけば年収1,000万円を超えるケースも多いですが、一般的な治験コーディネーターの平均年収は400万円前後です。下積み時代は薬剤師と大差ないのですが、実力次第では年収を大きく伸ばすチャンスのある業界です。

例えば、あなたが薬局やドラッグストアで勤めていた薬剤師だとして、そこから転職する際、どういった能力が求められるでしょうか。仕事の内容を想像していただければ分かると思いますが、治験コーディネーターには高いコミュニケーション能力が求められます。薬剤師としての知識はもちろん、仕事の中では被験者や医師との橋渡し的な存在としてコミュニケーションを図る機会がほとんどです。特に被験者に対して治験の説明を行い参加の同意を得る(インフォームドコンセント)事は最も重要な業務の一つではないでしょうか。

治験コーディネーターの仕事は、新薬の開発という社会的にも大きな意義のある仕事ですから、やり甲斐を感じることも多いでしょう。医療用の新薬開発はもちろん、意外なところでは皆さんが日ごろ目にする特定保健用食品も治験が必要とされています。

さらに治験コーディネーターの仕事を行うだけでなく、企業側からもスキルアップの為に様々な機会を与えてくれる為、自らのキャリアを積む為の職業としても非常に役立つでしょう。例えば、治験コーディネーターとして新薬の開発に取り組んでいた経験を買われ、大手製薬会社の開発として転職に成功したというケースも存在します。

治験コーディネーターとして新薬の開発に治験施設の人間として取り組むのも良いでしょうし、将来を見据えて新たな転職を探すためのキャリアアップの場として考えるも良いでしょう。被験者や医師との折衝等、大変な部分ももちろんあると思いますが非常にやり甲斐のある職種には間違いありません。

CRCへの転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2016 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.