一般企業へ転職

一般企業へ転職

薬剤師と言うと一般的にドラッグストアや病院等、直接的に医療に携わる現場で働く人が多いでしょう。医療関係に従事したいという気持ちから免許を取得した方が多数でしょうから、当然のことです。

しかし、ここ最近の流れを見てみると薬剤師の免許を取得している方が一般企業へ転職する傾向が少しずつ強まっています。特に多いのが医療品や化粧品、健康食品などを扱う一般企業の『品質管理部門』への転職です。では、何故一般企業への転職が増えているのでしょうか。

その理由に挙げられるのが「薬剤師免許を持っていれば安定した高収入が得られる時代ではなくなりつつある」ということです。薬剤師免許を持っているだけでなく、調剤などが実際に行える「即戦力」の薬剤師でなければ転職出来ない時代になっています。

また、大学では薬学部が他の学部に比べて10〜20倍の入学希望者がいると言われるほど人気がある学部ですから、今後多くの薬剤師免許取得者が薬剤師の職業を争う事になることが予想されます。つまり、今後薬剤師が売り手市場から買い手市場に変化していく事が予想されます。このような流れを受けて薬剤師の免許を持っている人も自らのスキルアップや将来を見据えて早いうちから一般企業に転職しているというわけです。

実際に薬剤師の免許やスキルが役に立つ上に、転職率が高い品質管理部門の仕事について少し触れましょう。品質管理部門はその名の通り、自社製品の品質管理や薬事などが中心となります。内勤業務ですが仕事の内容から他部門や外部との交流も多いですし、幅広い知識やスキルが要求されますから、向上心の強い方や自分の知識やスキルを試したい方には大変向いているでしょう。

薬品を扱う業種ではもちろん高い評価を受ける機会が多いですが、業種によっては薬剤師の知識が直接活かされないことも多いです。ただし、企業の採用担当から見れば薬剤師免許を取得するだけのポテンシャルも含めて評価する傾向があるので、転職活動に対して自信を持って取り組んでいきましょう。転職支援サイトではこういった人材を募集する企業も多く、求人数にも比例してきつつあります。

折角取得した薬剤師免許を実際の業務で活かせない為に「もったいない」と思ったり、知らない職種に就くことへの不安を感じたりすることもあるでしょう。しかし、これからの時代、薬剤師免許を持っているだけでなく「その能力を活かしてどのような仕事が出来るか」あるいは「どのような仕事がしたいのか」という事をも企業は求めています。新たな職種への挑戦には勇気が必要でしょうが、こんな時代だからこそ薬剤師の資格が生きる道は広がっているのです。

一般企業への転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.