調剤薬局へ転職

調剤薬局へ転職

現在、薬剤師として調剤薬局への転職を考えている方も少なくないでしょう。しかし、希望する条件の薬局が見つからなかったり、求人を見つけても採用倍率が以前に比べると高くなってしまった為になかなか内定が取れなかったりというのが現状かもしれません。世間の就職率と比べればもちろん、需要の高い職種であることには違いありません。

しかし、今まで薬剤師は売り手市場だったのに、ここ数年は買い手市場になりつつある原因は何故でしょうか。その理由は、特に都市部で薬剤師免許所持者が過剰気味になっていることが挙げられます。年間に1万人以上のペースで薬剤師が増えている為、どうしても受け皿となる薬局の数との関係から買い手市場になりつつあるのです。

特に調剤薬局で勤める薬剤師は安定して人気が高く、就職や転職が難しいとされています。ドラッグストアに比べて店舗が乱造される事もなく、落ち着いて働ける職場として多くの薬剤師が働きたいと思っているようです。その為、薬局の数に対して希望者が多く採用されづらい傾向にあるのが現実です。

調剤薬局で募集される薬剤師は、薬剤師免許を取得していることはもちろん、自己衛生管理が徹底されている事が前提とされます。例えば、整髪や爪の手入れがきちんとされているか、ネイルアートなどはもっての他です。「万が一、調剤した薬品の中に異物が混入していたら」という患者さんの不安を払しょくするためにも衛生管理の意識は高く持ち続けましょう。

しかし、そういう条件さえクリアしてしまえば、今現在でも全国的に見ると調剤薬局の薬剤師が不足している事もまた事実です。特に地方に行けばいくほどその傾向は強く、ネット上の募集やハローワークでの募集、あるいは、求人誌での募集等を見ると調剤薬局で募集が行われています。ただ、これからも今のペースで薬剤師免許取得者が増え続けると近いうちに頭打ちになり、薬剤師が就職難になる可能性も否定できません。特に調剤薬局での勤務を希望されている方にとっては就職・転職活動が買い手市場になる日もそう遠くないでしょう。

つまり、薬剤師として生涯働きたいと思っている方にとって、転職するのであれば今がチャンスなのです。特に調剤薬局で働きたいと考えている方には今がもっとも転職しやすい時期でしょう。様々な統計からも薬剤師として働く事が年々難しくなっていくだろうと言われています。

こうした時代背景から転職業界においてキャリアコンサルタントの活躍が注目されています。特に、コンサルタントごとにその人脈を生かした非公開求人の調剤薬局も多く、その情報量や質に驚く求職者の方も多いようです。薬剤師の転職市場がまだまだ売り手市場である今のうちに、自分が本当に思う求人を探してみてはいかがでしょうか。

調剤薬局への転職なら、以下の無料エージェントを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルート
ドクターズキャリア
口コミ
マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社毎日
キャリアバンク
口コミ
薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
口コミ
 ⇒⇒ 人気ランキングもっと詳しく見てみる。大手の転職サイト7社を比較中!

TOP

薬剤師転職サイトの概要

各サービスの評判

薬剤師の転職先

条件別の求人先

年齢による転職のポイント

薬剤師の転職の基礎

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職サイト.jp All Rights Reserved.